本館概要

四季を豊かに感じられる六甲山の麓、清冽な流れの住吉川西岸に佇む昭和の名建築、白鶴美術館。
穏やかに満たされる自然光のもと、国宝・重要文化財の数々を心ゆくまでお楽しみください。

画像をクリックすると、紹介文をご覧いただけます。

白鶴美術館の歴史

「世界的価値のあるコレクションを私蔵するのではなく、ひとりでも多くの方の目に触れてほしい」。
白鶴美術館は、そんな願いを持った嘉納治兵衛(鶴翁・白鶴酒造7代)によって昭和9年(1934年)に開館されました。
古美術品500点で出発した当館は今、国宝2件(75点)、重要文化財22件(39点)を含む約1450点以上の作品を所蔵。
戦争と空襲、戦後の混乱、大震災など幾多の苦難を乗り越えながら、価値ある古美術品を現在に残しています。

1931(昭和6)年 3月鶴翁(堂)の蒐集品より500点の寄贈受けて財団法人白鶴美術館設立
1934(昭和9)年 5月白鶴美術館開館
1964(昭和39)年 5月賢愚経 国宝指定
1965(昭和40)年 5月大般涅槃経集解 国宝指定
1984(昭和59)年 3月開館五十周年記念名品展「白鶴栄華」及び出光美術館交換展開催
1995(平成7)年10月白鶴美術館六十周年記念事業新館(絨毯館)開館
2010(平成22)年 4月公益財団法人に移行

ページTOPへ

犠首饕餮文尊(ぎしゅとうてつもんそん)
中国 商(殷)時代
高29.1cm 口径28.6cm
重要文化財
階段室の照明

球形で電球を外に取り付ける
一風変わった照明。

よく見ると唐草文様で構成されており、
中国の球形の香炉を
模したものではないかという説も。
香り高くほのかに展示室前を
照らしています。

展示室・天井

見上げた場所に、こだわり。

2階展示室は、奈良東大寺にも見られる
漆喰塗りの格子天井。
格間には飛鶴と唐草文様の書更紗が
市松に配されています。

賢愚経(けんぐきょう)乙巻
日本 奈良時代 紙本墨書
27.5×1324cm 東大寺戒壇院伝来
国宝
渡り廊下

非日常へとつづく道。

玄関のある別館から、展示室のある本館へとつづく渡り廊下。
穏やかな光に満たされるここを、
ひと足ずつ進むことで
普段の喧噪を忘れ、美術品と向き合う心を整えられます。

白地黒掻落龍文梅瓶
(しろじくろかきおとしりゅうもんめいぴん)
中国 北宋時代 磁州窯
高40.5cm 口径6.2cm 胴径21.6cm
重要文化財
正門

自然を活かす、贅。

館名が刻まれた巨石が来館者をお待ちする正門。
門を入り、ゆるやかな階段を上ると、
昭和13年の水害の際に発見された
一万貫の流石を使用した記念碑が現れます。

本館

昭和が生んだ、名建築。

東洋と西洋、伝統と近代が見事に融合した白鶴美術館。
戦禍や大震災などの苦難を逃れ、
今なお開館当時の姿を残す昭和の名建築で、
数多の美術品をご堪能いただけます。

青銅製八角燈籠

国宝の生き写し。

中庭に悠然と佇む燈籠は、
国宝である東大寺大仏殿前金銅製八角燈籠から
直接型を取り、写したもの。
昭和9年の開館当時から
変わらぬ場所で、美術館を見守っています。

別館・ロビー

何度見ても息を飲む景色。

静謐な時が流れる別館のロビースペース。
四季折々の風情が広がる中庭と、
重厚な本館を一望できます。

白銅海獣葡萄鏡
(はくどうかいじゅうぶどうきょう)
中国 唐時代
径21.3cm 厚1.9cm
四季花鳥図屏風(しきかちょうずびょうぶ)
六曲一双
日本 室町時代 天文十八年(1549)
狩野元信筆 紙本金地著色
各162.4×360.2cm
重要文化財
茶室

中庭の隠れ家。

三畳中板の小間に水屋がついた小さな茶室は、
石州流本庄宗泉氏による設計。
もとは創立者が持つ六甲山別荘にあったもので、
昭和32年に移築されました。

釘隠

釘隠にも、遊び心。

釘隠は相原明雲氏の作品で、
ブロンズ製銀古味仕上げ。
白鶴美術館の象徴でもある飛鶴は、
ここだけでなく、随所で見つけることができます。

中庭・池

癒しの時を、こころゆくまで。

開館以来、たゆまぬ丹精で手入れをしてきた中庭。
池ではゆったりと泳ぐ多くの鯉が
来館者たちのこころを癒します。