新館概要・所蔵品

白鶴美術館新館について

白鶴美術館新館は、平成6(1994)年、開館60周年記念事業により開設されました。主な所蔵品は、当館第4代理事長 嘉納秀郎(白鶴酒造十代目 1934~2010)の中東絨毯コレクションをもとにしています。中東はいまだ日本人にとってなじみの薄いイスラム文化圏であり、大型、かつ染織品という脆弱な性質を持つ絨毯は、日本においてコレクションも少なく、当館はそうした意味でも草分け的な施設であるといえるでしょう。公開は年2回、本館の開館時期に合わせて、所蔵絨毯を中心とした企画展示を行っています。

  • トルコ(アナトリア)東西文明の架け橋となった絨毯
    トルコ絨毯はオスマン朝(1299~1922)に先行するセルジューク朝(1038~1194)の影響を受けて発展しました。トルコにおいては一方でオスマン朝の宮廷を中心に華麗な工房絨毯が製作されましたが、他方では、大胆で力強い色彩と幾何学的文様を特徴が、地方の村人たちの生活の中で育まれたのです。
  • コーカサス(黒海とカスピ海に挟まれた山岳地帯)抽象的なデザインと重厚で深みのある色彩が特徴
    起伏に富んだ複雑な自然環境、言語と人種の「るつぼ」といわれる文化・社会的環境から生まれた絨毯は、トルコやペルシアの影響を受けつつ発展し、古くから色彩豊かな幾何学的文様の絨毯が作られてきました。そして単純化された力強い表現と大胆な色彩は、ペルシア絨毯とは異なる個性を作り上げました。
  • イラン(ペルシア)自然さを華麗に織り出した繊細な色調と精緻な意匠
    華やかなペルシア絨毯の伝統は、16世紀のサファヴィー朝の宮廷工房で頂点に達しました。それは優美でリズミカルな曲線を描き出す蔓草、繊細にデザインされた草花、いきいきと表現された鳥や獣、宇宙を象徴するような豪華なメダリオン(円花文)で飾られています。その後、一時期低迷の時代を迎えますが、19世紀後半に復活し、古代の卓越した技と精緻な文様表現の伝統は、主要都市の工房に継承されます。

所蔵絨毯のご紹介

当館所蔵の絨毯の多くは19世紀後半から20世紀初頭にかけて織られたものです。絨毯の代名詞ともいえる
ペルシアの華麗で豪華なメダリオン絨毯をはじめ、イスラム文化圏を象徴するミフラーブ(アーチ型)を描いた絨毯、
生命樹を描いた絨毯、そして物語の場面を綴った絨毯など多岐にわたります。
そこに表れているのは中東文化の多様さである、ともいえます。

  • フェルテック、アナトリア中央部
  • カラバフ チョンゾレスク、コーカサス
  • イスファハン、ペルシア中央部(シュレシ工房)
  • ナイン ツデシク、ペルシア中央部

ページTOPへ

フェルテック、アナトリア中央部

草色のメイン・ボーダー(絨毯中央画面を囲む太枠)にはチューリップが描かれる。上部の黒と赤地のミヒラ―ブ(アーチ形)、内側は黄色を基調とした文様が配され、色調のコントラストと明確なデザインによって、極めてバランス良く構成されている。ミヒラ―ブ内側にみえる円柱、その間にあるランプはイスラム宗教施設、モスク内のイメージであり、花壺は庭園、楽園のイメージを持つ。宗教的意識の強い、このデザインは16世紀、宮廷工房の礼拝用絨毯の構図に見られる。

カラバフ チョンゾレスク、
コーカサス

三つのメダリオン(メダル形)が赤いフィールド(中央画面)に描きだされている。ペルシア絨毯に典型的な単一中央形の「メダリオン」とは異なり、コーカサス地域の絨毯では、やや横に伸びたメダル形、星型などを複数連ねるような構図が多くみられる。この絨毯では、それぞれのメダリオンの外側を緑と白線で縁取っているが、メダリオンの区画が明確に表わされることも、特徴のひとつといえるだろう。各メダリオン内側の短い曲線は、「クラウド・バンズ」(雲の帯)と呼ばれ、中国の「雲気文」との繋がりが指摘される文様である。

イスファハン、
ペルシア中央部(シュレシ工房)

優れたデザイン性、その複雑さと優美さを活かす織りの繊細さが特徴の作品である。フィールド(中央画面)に埋め尽くされる流麗な植物文様の曲線を辿ってみると、全体の文様構成は反復されていないことがわかる。文様の輪郭線には異なる色を入れ文様の輪郭やその色を引き立たせる。意識的に観察しなければ確認できないほど細い挿し色である。ウールの柔らかな質感ながら、緻密な織りと巧妙な色遣いが、この複雑な図柄を鮮やかに浮かび上がらせている。
絨毯の画面は色糸の結びによって作られていくが、この絨毯の場合、1平方メートルあたり200万ノット(パイル糸の結びの数)。つまり、縦2mの大画面をつくりあげる500万ノット以上の極細パイル糸一本一本が、わずか0.5平方ミリメートルのペン先の点描一点のようなものなのである。

ナイン ツデシク、
ペルシア中央部

幾重にも連なるモチーフで構成された中央のメダリオン(メダル形)の周りに、優雅な曲線のアラベスク文様(繰り返され無限に展開する抽象化の強い植物文様)が配される。まさにイスラム美術の華に相応しいデザインの絨毯である。
20世紀初期のナイン、殊にツデシク村で生産された絨毯は、緻密で正確な織りで知られているが、縦4メートルを超えるこの絨毯には、その技術力の確かさが示されている。